皮膚の為のケアHOME * 症状別レシピ目次 * 商品紹介 * 新宿サロン * 妊娠中・産後トリートメント * サイトマップ


かゆみ

毎年冬になると、背中から腰の辺りがかゆくなります。かゆさ加減で季節の変わり目がわかる。気づくとボリボリやってます・・。薬を塗ればすぐ治まるんだろうけど、なんとかしてアロマで軽くならないものかと、次を試しました。

ラベンダー 1滴
ジャーマンカモミール 1滴
ホホバオイル 10mlで薄め、かゆい部分に毎日塗る。

この香りが苦手な場合や、軽症程度のかゆみの場合は、ジャーマンカモミールの
代わりにローマンカモミール 2滴を入れるとよいと思います。ですがジャーマンカモミールのほうが症状の軽減にはかなり役立ちます。

たいがいは上のレシピでいいのですが、私の場合は掻きこわしちゃって、水分と
油分の両方の補給が必要なため、次のローションをつけています。

ローマンカモミール 3滴
ラベンダー 5滴
ホホバオイル 10ml
芳香水(ジャーマンカモミール水がおすすめ)200ml 使う際によく振り混ぜる

オイルの次にローションを塗ると、保湿作用が高まる感じです。

おすすめ精油
ジャーマンカモミール
ジャーマンカモミール
湿疹やじんましんなどのアレルギーなど、あらゆる炎症や痛みに対して作用がある。抗炎作用は精油の中でも
トップクラス。
商品ページへ


かさつき

手や足って年齢出ますよね。出産して、それまで以上に水仕事が多くなったら、ものすごくかさつくようになってしまいました。肌細胞の組織更新を促すローズウッドに、乾燥肌に良い精油を加えます。

フランキンセンス 1滴
ローズウッド 2滴
ホホバオイル 10ml

ひび割れてしまったら、炎症肌に作用する精油を使ったクリームを塗ります。

ラベンダー 5滴
ローマンカモミール 2滴
ベンゾイン 2滴
蜜ろう 3gを溶かし、精油を加えて良く混ぜた後、
ホホバオイル 25〜30ml加える。

蜜ろうは電子レンジで数秒チンすると早く溶けます。ホホバオイルは徐々に入れて固さの加減を調整してください。

おすすめ精油
ローズウッド
ラベンダー
安全性が高く、あらゆる不調、抗炎などに万能な精油。
商品ページへ

ベンゾイン
GAIA ベンゾイン 5ml

乾燥やひび割れた肌にハリを与えたり、心を安定させる作用を持つ。
商品ページへ

ラベンダー
ラベンダー

安全性が高く、あらゆる不調、抗炎などに万能な精油。
商品ページへ



湿疹

乾燥してがさがさとした湿疹ができてしまったら、抗炎作用と水分バランスをとる精油と、アロエジェルを使います。

ティートリー 5滴
ラベンダー 5滴
ゼラニウム 3滴
アロエジェル 50g

気分でティートリーを使いたくない時がありました。代わりに似たような作用のある
ラベンサラ5滴を入れてみたところ、また違った香りも楽しめていい感じでした。もう少ししっとりさせたい場合は、このレシピに好みのキャリアオイルを少々入れと良いでしょう。
アロエジェルは、家にあったアロエベラの葉から中身を取り出して作っていましたが、50gを集めるのが結構大変なのです。市販された100%天然のジェルで充分だと思いました。

また、プツプツとした水泡状の湿疹は、単に抗炎作用の精油のみを使っています。

ティートリー 2滴
ラベンダー 2滴
キャリアオイル 10ml

ちなみに私の場合、季節の変わり目にこのぷつぷつが手の指の脇にできることがあるのですが、上のレシピの濃度を高くすると直ちに作用してくれます。

おすすめ精油
ゼラニウム
ゼラニウム
皮脂の分泌バランスを整えてくれる。
商品ページへ



アトピー性皮膚炎

アトピーって原因がはっきりしないらしいんですが、ストレスが関係あるらしく、また無意識で掻いてしまうものです。ストレスを和らげる香りがあって、しかも炎症を少なくするのが、アロマテラピーの良いところ。ここで紹介するのは大人向けなので、赤ちゃんや子供は<赤ちゃんのケア>を見てください。
症状がごく初期ならば

ティートリー 1滴
ラベンダー 1滴
ボリジオイル 5ml(ホホバオイルでも可)で希釈

1日に4〜5回、毎日塗ります。
私は腕と脚の付け根に原因不明の湿疹ができた時、薬を使わずにこのオイルを使い続けました。塗ると治まるけど塗らないとまた発症という繰り返しで、結局1年もかかりましたが、今はすっかりきれいなりました。
使い始めて約2週間後に変化が見られると思います。それでも変化がない場合、皮膚科へ行くのを勧めますが、なんとかアロマだけでがんばるという場合は

ティートリー 1滴
ラベンダー 1滴
ジャーマンカモミール 1滴
ローマンカモミール 1滴
ボリジオイル 10ml

症状が軽くなってきたら塗る回数を減らしてください。

おすすめ精油
ジャーマンカモミール
ジャーマンカモミール
湿疹やじんましんなどのアレルギーなど、あらゆる炎症や痛みに対して作用がある。抗炎作用は精油の中でも
トップクラス。
商品ページへ

ティートリー
ティートリー

安全性が高いうえ、真菌、細菌、ウイルスを鎮める働きがある。
商品ページへ

おすすめキャリア油
ボリジオイル
ボリジ

γリノレン酸の含有量が植物油の中で最も多く、アトピーや湿疹などのトラブル肌に最適。
商品ページへ


にきび

でき始めなら

ラベンダー 又はティートリーを綿棒に1滴落とし、直接患部につける

初期のにきびがこれでなくなりました。ちなみに、初期の口内炎も、ラベンダーの直づけで炎症を抑えられました。(にきびも口内炎も、大きく盛り上がってしまったものには、あまり作用は感じられません。)
1日3回が限度で、3、4日たっても変化がない場合は違う方法に変えてください。同じ精油を高濃度で使い続けると慣れてしまい、作用が出ずらくなります。
いろんな本に、にきびにはジュニパーが良いと書いてあります。私自身、イマイチ信用できなかったので試したこともなかったのですが、なんか良いかも・・と思ったのが次のレシピ。

ジュニパー 2滴
ベルガモット 2滴
スイートアーモンドオイル 10ml(グレープシードオイルでも可)

キャリアオイルをティートリーやラベンダーのハーブウォーターに換えて、化粧水として使っても良さそうです。
慢性化したにきび肌は、気長に根気よくケアすることが必要。私も長年かかって、最終的には次のレシピで落ち着き、ティートリーの良さを改めて知りました。

ティートリー 2滴
ラベンダー 1滴
ゼラニウム 1滴
スイートアーモンドオイル 10ml(グレープシードオイルでも可)
全て、朝晩2回、毎日塗布

おすすめ精油
ラベンダー
ラベンダー
安全性が高く、あらゆる不調、抗炎などに万能な精油。
商品ページへ

ジュニパー
ジュニパー

心体共に浄化作用がある。脂性肌や
にきび、毛穴のつまりによい。
商品ページへ

ティートリー
ティートリー

安全性が高いうえ、真菌、細菌、ウイルスを鎮める働きがある。

商品ページへ

水虫

まず、清潔とムレを抑えることが基本。その上で、これも原液塗布します。

ティートリーを綿棒に1滴落とし、1日に2回を毎日、直接患部につける。
肌の弱い人は直付けせず、5mlのキャリアオイルにティートリーを1滴入れたオイルを使う。

1週間後は1日1回に減らします。水虫ではない、他の部分につと荒れるくので注意してください。
重症の場合、

ティートリー 4滴
ゼラニウム 2滴
ラベンダー 2滴
ホホバオイル 5ml 1日に2、3回毎日塗布

にきび同様、根気よく続けてください。

おすすめ精油
ティートリー
ティートリー
安全性が高いうえ、真菌、細菌、ウイルスを鎮める働きがある。
商品ページへ

たこ、魚の目、皮膚の硬化

これらは水虫のケアと同じレシピで、1週間後は1日1回塗布します。完治とまではいきませんが、硬化した部分が柔らかくなり、その後のケアが行いやすくなります。
魚の目などの芯を除去する事は難しいですが、根気良く続けると変化があるかもしれません。また、軽石などで無理に取ろうとするともっと悪化します。軽石やかかとやすりを使う場合は、強くこすらずなでる程度に。

日焼け

肌に悪いとわかってるけど、夏の開放感を味わいたいから日焼けするっていう人、多いです。
日焼け後のケアは念入りに。

ティートリー 2滴
ラベンダー 2滴
ローマンカモミール 1滴
ホホバオイル 10ml 1日に3、4回塗布

炎症がひどい場合は、冷やして、リラックスしてから行ってください。



やけど

ちょっとした火傷の場合、

冷やす前に、すぐにラベンダーを原液塗布したほうがよい。その後冷やす

肌に発症した直後に塗ることによって、炎症をくい止めることができるからだと思います。
その後は様子を見ながら、徐々にキャリアオイルでラベンダーの濃度を薄くして
塗布します。
ラベンダーは万能薬なので常備しておくと良いです。

追記:
どうして火傷にラベンダーなのか。どうやら理由の一つに、ケトンという芳香成分が影響しているようです。そのうえ、ラベンダーは肌に直接つけてもよい精油の一つなため、そのケトンなどの有効成分が肌にすぐ作用できるからなのでしょう。
ケトンは皮膚の再生を促したり鎮痛するなど、火傷に対していち早く作用してくれます。ラベンダーには、このケトンが微量なりとも全ての種類に含まれています。
ただ、ケトンは刺激と毒性の強い成分であり、中でも多く含んでいるのがスパイクラベンダーです。刺激性がかなり強いので、常備する類のラベンダーとしてはおすすめできませんが(常備するなら真正、又はラバンジン)、よく怪我をするとか、よく火傷する(そんな人いるのか??)という場合は持っていても損はないと思います。

おすすめ精油
ラベンダー
ラベンダー
安全性が高く、あらゆる不調、抗炎などに万能な精油。
商品ページへ


切れ痔

便秘気味や便が固いことによって切れてしまうことがあります。この症状に悩む人は結構多いのではないでしょうか。

ティートリー 1滴 をお湯を入れたボールに落とし、小さめのタオルなどを浸して温湿布を作り、切れた患部に押しあてて洗浄する。

なるべくトイレ毎に。悩むのであれば面倒といってられません。

いぼ痔は循環器のケア>>

おすすめ精油
ティートリー
ティートリー
安全性が高いうえ、真菌、細菌、ウイルスを鎮める働きがある。
商品ページへ



HOME * 症状別レシピ目次 * 商品紹介 * 新宿サロン * 妊娠中・産後トリートメント * サイトマップ